ラブグラと血流の促進

ラブグラは女性用バイアグラとも呼ばれている薬で、不感症やHDSS(性的欲求低下障害)を改善させる作用があります。バイアグラは男性の勃起を補助する薬ですが、ラブグラも作用は同じで血管を拡張させて女性器の血流を良くします。
このような効果が得られる事から、ラブグラは女性に人気があります。
また、女性器が濡れやすくなったり、オーガズムに達しやすくなるなどの効果も期待できます。
ラブグラが血流を促進させる仕組みは、有効成分の働きによってPDE5(ホスホジエステラーゼの5型)という酵素の働きを阻害することで起こります。本来であれば血管拡張物質cGMP(サイクリックグアノシン一リン酸)はPDE5によって壊されてオーガズムはおさまります。
しかし、PDE5の働きが邪魔されるとcGMPがなくならずに血管が拡張し続けるので、血流循環が良い状態が続きます。
つまり、ラブグラは血管拡張剤としても使えるということです。これを常用すれば、動脈硬化によって硬くなった血管が常に広げられることになるので、血管の老化に対してアンチエイジング効果が期待できるという研究もあります。
老化は血管から起こるといわれているくらいですから、血液循環が常に良い状態が維持されれば、全身に届けられる酸素や栄養素が多くなり、身体中の細胞が若々しくいられる可能性があります。
cGMPは加齢によって放出量が少なくなったり、精神的にストレスによって少なくなることもあります。こうなるとさらに血流が悪くなって感じにくくなってしまいます。
ラブグラを使うと女性器周辺やクリトリスの血流が増加するだけではなく、全身の血液循環も良くなるので、全身のアンチエイジング効果も期待できます。
ただし、たくさん飲めば若くなれるわけではないので気をつけましょう。

ラブグラと不感症

ラブグラは、女性の不感症を改善する効果が期待できる薬です。
男性のED(勃起障害)治療薬と似たような作用があり、PDE5(ホスホジエステラーゼの5型)という酵素の働きを阻害して、全身の血流を促した結果、クリトリスや女性器周辺の血流を促進します。
これにより不感症が改善されますが、性的刺激を受けないと反応しないようになっています。なので、ラブグラを飲んだだけで感じやすくなるというわけではありません。あくまでも性的刺激を受けた時のみ反応するので、その点は注意しましょう。
主成分はシルデナフィルというもので、腸から吸収される性質があります。なので、食事をした後に飲んでしまうと胃や腸に残っている食べ物に邪魔されて、成分の吸収率が落ちて効果が十分にあらわれない可能性があります。
しっかり効かせたいのであれば、空腹時に飲むようにしましょう。
特に高脂肪の食事をすると吸収率が下がってしまうので、注意が必要です。
服用から約30分~1時間ほどで効果があらわれ始めて、約5時間効果が持続します。この間であれば何度性行為をしても効果は衰えません。
1日100mgまでを上限として、次に飲む時には24時間以上はあけるようにして使います。
注意点としては、狭心症や心筋梗塞の治療に使われるニトログリセリンなどの硝酸剤や、不整脈の治療に使われるアンカロンとは併用が禁忌になっていることです。一緒に飲んでしまうと血圧が下がりすぎてショック状態に陥ってしまう危険性があります。ED治療薬とこれらの併用禁忌薬を使って事故が起きたケースもあるので、気をつけましょう。
また、アルコールと一緒に飲むと酔いが回りやすくなってしまうので単独で飲んだほうが良いです。

ラブグラとオーガズム不全

ラブグラは、SEXの際に絶頂に達するオーガズムの不全治療にも使える薬です。
性交渉において女性が性的に満足が得られないことの総称を、女性性機能障害(FSD)と呼びます。男性のED(勃起障害)の治療については様々薬が開発されて治療が行われていますが、女性のオーガズム不全などはあまり声高に問題視されるケースが少ないです。
病院に行っても相手にされないなど、不適切な対応をとられてしまうこともあります。
オーガズム不全に陥る原因はいろいろありますが、更年期に入って女性ホルモンのバランスが崩れることや、加齢やストレスが原因になると言われています。
動脈硬化症など、加齢や生活習慣によって血液循環が悪くなることで、女性器周辺の血流が少なくなり感度が下がることで起こることもあります。
こういった症状に対して、ラブグラはPDE5(ホスホジエステラーゼの5番)という酵素の働きを阻害することで、血流を良くして不感症やオーガズム不全を解消してくれる効果が期待できます。
この作用は男性のED治療に使われているED治療薬と同じ作用です。
薬の効き方には個人差がありますが、薬を使わない時よりも感度が上がったという声が多いです。
オーガズム不全に陥るとSEXの際の喜びが少なくなってしまいますし、パートナーを満足させることができなくなります。また、女性が自分自身の自信を喪失してしまうなどの問題も起こります。
ラブグラを安く手にいれるには、ネット通販の個人輸入を利用すると良いです。
ネットでは医師の処方箋なしで薬を買うことができるので、恥ずかしくて周りに打ち明けられない人や、病院に行くのがためらわれる人でも薬を手に入れて治療することができます。

▼ラブグラやその他のED治療薬をはじめ、数多くの医薬品を扱っております
薬は通販出来る

ページの先頭へ戻る