ラブグラの服用で血流不足を解消

ラブグラは、アジャンタファーマ社が販売する不感症の改善薬であり、ウーメラのジェネリック医薬品です。ジェネリック医薬品とは、新薬の特許期限が切れた後に他社が製造する後発医薬品のことであり、新薬よりも安価で手に入れることが出来ます。ラブグラの効果は、男性のEDの場合と同様に、女性器への血流不足を解消し、感度を向上させることが出来ます。そもそも不感症の原因は、女性器への血流を阻害する酵素の働きによって、血管が拡張されなくなって血流不足となったことです。しかし、ラブグラの主成分であるシルデナフィルには、血流を阻害する酵素PDE-5の働きを抑制して女性器周辺の血流を改善して、充分な血液を女性器へと送り込むことで、不感症を改善する働きがあります。つまり、不感症の原因は女性器周辺の血流不足にあるので、ラブグラの服用によって、血流が良くなって感度も良くなるというわけです。ラブグラは媚薬や興奮剤と違い、日常生活に支障をきたすことはありませんが、頭痛・動悸・めまい・消化不良・腹痛・発疹などを始めとする様々な副作用があるので、用法・用量を守って服用する必要があります。まず、1日1回1錠を性行為の1時間前に服用します。その際、主成分のシルデナフィルは腸から吸収される性質があって食事の影響を受けやすいため、空腹時に服用すると最大限の効果を得ることが出来ます。1日100mgを上限として、次の服用まで24時間以上は空けるようにしなければなりません。そして、腸から吸収されるので、食事やアルコールを多量に摂取すると吸収されにくくなって効果が薄れる恐れもあるので注意が必要です。しかし、ラブグラを服用することで血流不足が解消して不感症化改善し、膣内も潤いやすくなるのです。

ページの先頭へ戻る