夫がプロペシアを使用中はラブグラを飲むのがおすすめ

夫婦間において性生活が順調に行われていなければ、夫婦関係に影響を及ぼします。夫が薄毛で悩んでいるときには、AGA治療薬としてプロペシアを服用していることも多いと言えます。薄毛の原因がAGAのときには、専門の病院を受診することでプロペシアの処方を受けることが可能で、男性ホルモンの生成を抑制させる効果があります。プロペシアを服用している人の中で、少数ですが性欲減退などの副作用が生じることがあります。プロペシアは男性ホルモンの生成を抑える薬ですので、性欲が減退する可能性があり、その場合には性行為が減少してしまうことにつながります。夫婦における性行為を充実させるための医薬品として、インドの製薬メーカーが開発したものに女性用バイアグラとも呼ばれているラブグラがあります。ラブグラはバイアグラと同じ成分であるシルデナフィルが配合されていますので、体内の血流を促進させる効果が期待できます。男性がバイアグラを服用したときには、陰茎の血流が促進されるために勃起力を向上させることが可能です。女性がラブグラを服用した場合には、クリトリスの勃起を促進して感度を高める効果や、膣内の潤いを増加させることで性行痛を予防する効果を得ることができます。ラブグラは1錠あたり100mgのシルデナフィルが配合されていますので、2分の1にピルカッターを使ってカットしてから使用することもできます。シルデナフィルの効果は服用してから30分から1時間ほどで現れますので、性行為の前に服用しておくことがおすすめです。ラブグラは日本で認可を受けている医薬品ではありませんので、入手するためには医薬品の通販サイトを使って購入することになります。

ページの先頭へ戻る